福祉住環境①

6日目

今日は福祉住環境というまったく未知の世界に足を踏み入れまっす。

とにかく数字を覚えること!

高齢者の家庭内事故は 年間9,700人

木造住宅の地面かか一階床面の高さは 450mm以上

高齢者のつまづく段差は 5mm

ジェットバーナー仕上げ

道路から玄関までの階段の寸法は
踏面 300~330mm 
蹴上げ 110~160mm

ノンスリップ加工

スロープは車椅子の利用を考慮して
勾配 1/12 ~ 1/15
平坦部は 1,500mm×1,500mm 

スロープの縁石 100mm

階段部分の手すり(片方の場合は下りるときの利き手側に)
段鼻から手すりの上端まで
高さ <b>750~800mm
直径 32~36mm

屋外灯
足元灯 (あくまで補助照明)
段鼻部分は色を変える

玄関内外での移動
上がりかまち 180mm以下にする
180mm以上が多い
現在は数mm~60mm

式台は 幅 500mm以上 奥行き 400mm以上
バランスを崩しやすいのでベンチの設置

段差解消機
パンタグラフ式 フォークリフト式

縦手すり
下 土間床面から 750~800mm
上 ホール床面に立った状態での肩より100mm上

段差の解消 すりつけ板の設置
床面と敷居の段差は 5mm以下

屋内移動
廊下 3Rモジュール(910mm) → 105mm角を用いた大壁の場合 → 780mm

廊下が780mmの時
介護用車椅子 750mm
自走用車椅子 950mm

廊下の手すり
床面から 750~800mm
間柱は耐力がないので手すりの木ねじ等は ×

廊下床仕上げ
フローリングは傷がつきにくい仕上げ
傷が目立ちにくい塗装色で

車椅子のフットサポートに合わせて幅木を通常より高くする

明かり付きスイッチ

足元灯

屋内階段の手すり(下りる時の利き手側)
直径 32~36mm手すりの連続できない場合の空間距離は 400mm以下




(>_<)(>_<)(>_<)
[PR]

by keisyan | 2009-12-08 18:54 | 介護の仕事