ゆる体操

母が購読している 『ラジオ深夜便』 3月号 より

 【ゆる体操】

背もたれ首モゾモゾ体操
(脳の疲労と緊張をとる体操)

①背もたれにある安定したソファに腰掛け、ぼんのくぼが背もたれの一番上に当たるようにおしりを少し前にずらして座る。

②首の力を抜き、「モゾモゾ」とつぶやきながら左右に転がす。ソフトに、デリケートに。
「気持ちよさ」の足りないときはラップの芯や掃除機のパイプを利用。 


ひざコゾコゾ体操
(下半身に新陳代謝を高める体操)

①仰向けになって両ひざを立てる。

②左ひざに右ふくらはぎをのせ、右ひざの力を抜く。

③「コゾコゾ」とつぶやきながらふくらはぎをひざの裏側近くまえこする。
ふくらはぎの重さを利用しながら「痛気持ちいい」場所探しをする気持ちで。

④左右の脚を入れ替えて、同様に。


寝たまま脚スリスリ体操
(つぶやきなからのさすり効果で関節痛をやわらげます)

①枕をして横寝の姿勢をとる

②-1<股関節痛がある場合>
気持ちよーく、気持ちよーく」とつぶやきながら、股関節のまわりからふとももの腰をつないでいる部分をゆっくりさする。

②-2<ひざ痛がある場合>
ひざを上半身に引きつけ、「気持ちよーく、気持ちよーく」とつぶやきながら、さする。

③逆向きに姿勢を変えて、もう一方の脚も同様に 


胸フワ背フワ体操
(胸をときほぐして心を楽にする体操です)

①両脚を肩幅ほどに開いて立ち、「気持ちよーく、気持ちよーく」とつぶやきながら、左右の手を替えて胸全体をさする。

②「フワーッ」と言いながら肩を引くように両腕を後ろに引き、力まずに胸を開く。

③「フワーッ」と言いながら両腕を前へ。力まずに背中を開くような気持ちで。

④②と③を交互に数回繰り返したら、「モゾモゾ」とつぶやきながら肩甲骨や肋骨を静かに左右にくねらせ、ゆるめる。

――――――――
★ゆる体操を効果的に行うための3つのポイント
①必ず言葉をつぶやきながら行ってください。
②基本的には毎日、体操一つについて10秒~2分程度を目安に行ってください。
③その日の体調に合わせ、自分で「気持ちいい」と感じる強さと回数で行ってください。
―――――――


今月の特集記事は ―「脳と心を元気に」有田秀穂― で この内容(セロトニンのこと) とほぼ同じでした。


ゆるゆると力を抜いてクリックお願いします。
[PR]

by keisyan | 2006-02-26 07:10 | 覚書