カテゴリ:痛み( 105 )

好酸球性筋膜炎

足の関節の痛みと腫れを繰り返して、いろいろ調べてもなかなか原因がわからなかった知人が好酸球性筋膜炎と診断されました。

骨・関節・筋肉の病気 の 結合組織の自己免疫疾患 の 好酸球性筋膜炎 だそうです。


難病情報センターより

:::::::::::::::::::

1. 好酸球性筋膜炎とは

激しい運動や外傷を契機として急速に、皮膚硬化と関節の運動制限を来す病気です。筋膜の炎症変化に引き続き線維化を来します。

2. この病気の患者さんはどのくらいいるのですか

詳しくはわかりません。国内でも100例前後しか報告がありませんが、実際にはもっと多いものと思われます。

3. この病気はどのような人に多いのですか

多くは30~60歳代に発症します。男性にやや多いようです。

4. この病気の原因はわかっているのですか

激しい運動、外傷、高熱のあと発症する例が多いようです。1990年始めにトリプトファンを内服している人にこの病気が多いことに気づきトリプトファンの中止後、その後症例報告が減少しています。古い変性した脂を食べた後、ボレリア感染(ダニに噛まれた後に高熱が出る)のあとにも本症が発症したとする報告もあります。いずれもその発症機序は不明です。血液検査で好酸球の増加、免疫グロブリン上昇があります。赤沈値の亢進、筋原性の酵素の軽度上昇を認めることがあります。通常抗核抗体やリウマチ因子は認められません。病理組織では筋膜周囲のリンパ球、組織球、好酸球の炎症細胞の浸潤があり、筋膜が肥厚して、線維化が見られます。病名が示しますように好酸球が浸潤するのが特徴的ですが、好酸球の浸潤が認められない場合が約1/3あります。

5. この病気は遺伝するのですか

遺伝性の病気ではありません。

6. この病気ではどのような症状がおきますか

四肢に対側性に痛みのある紅斑と腫脹が生じて皮下に硬くしこりがでます。皮膚をつまむことが出来にくくなります。一見強皮症の様に見えますが、強皮症のようにレイノー症状や内臓病変はありません。時に関節の痛みを伴いますが、明らかな関節炎はレントゲン検査で認めません。関節の運動制限のために関節拘縮が起こることがあります。強皮症のような、四肢末端、顔面、躯幹に硬化がくることは希です。

7. この病気にはどのような治療法がありますか

副腎皮質ステロイドの内服(20mg/日)に良く反応します。自覚症状の改善に伴って減量し、2~4年の維持療法(5mg前後/日)のあと治療の必要がなくなります。

8. この病気はどういう経過をたどるのですか

自然寛解を来すこともあります。副腎皮質ステロイドの内服により軽快しますが、進行した皮膚硬化や、関節拘縮は難治性です。

::::::::::::::::::::::::::::::::::

[PR]

by keisyan | 2012-05-07 18:02 | 痛み

急性膝関節炎

昨年末より体調を崩した叔母。

胃潰瘍による嘔吐、腸のポリープで破裂による下血により入院。
退院後、食欲不振によりめまいから自宅で転倒。
転倒により背中、腰、脚などの痛み。

負のスパイラルに入ってしまったようです。

脚の痛みが酷く、近くの公立病院に再度入院しましたが、検査の結果は「骨盤の圧迫骨折の疑い」という診断。

痛みに関しては「年のせい」「時間はかかるがそのうちに治る」と痛み止めの処方だけ。
レントゲン、CTなどの画像診断が主で、訴えている痛みの部位には触ることはなかったようです。

脚の痛みが一か月以上続いています。歩行は杖にてやっとやっと((+_+))
叔母を説得して本日加茂先生に診ていただきました。

問診と触診で、5分も係らずに「急性膝関節炎だね」と診断。
膝から大量の白黄色の浸出液を抜いて、消炎鎮痛剤を注入して頂きました。

叔母は痛みが一ランク下がったようで笑顔が戻りました。

センセに「すぐに治りますよ」と言われたことが何よりの薬だったようです。
もちろん解りやすい説明と、治療の効果があったからこそです。

食欲がゼロだったのに、大好きな和菓子を購入して岐路につきました。
[PR]

by keisyan | 2012-01-14 15:35 | 痛み

筋硬結について

筋硬結についてはMPS研究会のHPにはこのように書かれています。

【メカニズム】
:::::::::::
筋肉に筋硬結が発生すると、その部分の血流が阻害されその部位が酸素欠乏になります。酸素欠乏が起きると血液中の血漿からブラジキニンなどの発痛物質が生成されて、それが知覚神経(C線維)の先端にあるポリモーダル受容器に取り込まれて痛みを感じます。

このような症状が発生して物理的に圧力を加えると痛みを感じる点を圧痛点と呼び、その中で以下に記載をする働きにより、物理的に圧力を加えると広範囲に痛みを感じる点を発痛点(トリガーポイント)と呼びます。
::::::::::::


この年末年始にかけて、疲れがたまったのか首肩背中の張りが取れず、昨日今日と続けてマッサージに行ってきました。

首も肩も背中も腕も腰も足も、マッサージのお姉さんがびっくりするくらい、コチコチでした(~_~;)

痛み手放せても、このコチコチは取れないような気がします。
特に背中の鉄板とウエストの辺りにあるゴム状のカマボコ2本は・・・手ごわいぞっと((+_+))
[PR]

by keisyan | 2012-01-07 20:36 | 痛み

大腿骨頚部骨折

高齢者に多い転倒による骨折のお勉強!

永六輔さんも最近、転倒による大腿骨頸部骨折の手術をされたのですね。

骨・関節の病気ネットより

【大腿骨頸部骨折の症状】

足の付け根の痛みが強く、立って歩くことができなくなったり、足を動かすと強い痛みが出る病気が大腿骨頸部骨折です。

大腿骨頭部とは、足の付け根の関節部分のことです。骨がもろくなる骨粗しょう症を基礎疾患にもつ人が、転倒したりした際にこの場所の骨折をよくおこします。 

関節は骨と骨の連結部で関節包という袋に包まれています。大腿骨頚部骨折は、この袋の内側でおこった内側骨折と袋の外側でおこった外側骨折に大きく分けることができます。

内側骨折はとくに治療の難しい骨折です。内側、外側を問わず、大腿骨頚部に骨折をおこすと、股関節に強い痛みを感じ、立って歩くことはできません。股関節の曲げ伸ばしもできません。


【大腿骨頸部骨折の原因】

高齢者数の増加とともに、最近の日本では急激に増え、年間約10万件以上の発生があります。高齢者が転んで強く痛みを訴えたり歩けなくなった場合は、この骨折が疑われます。

高齢になると筋力や反射神経が低下して、しばしば手をつくこともできないままに転倒してしまいます。こうしたときに大腿骨頚部骨折をおこしやすく、ほとんどが骨がもろくなっていて骨折しやすい骨粗しょう症を基礎疾患にもつ人です。

運動能力が低くなって小さな段差につまずくことも多いので、外出先だけでなく、風呂場など自宅内や自宅玄関付近で転倒して大腿骨頚部骨折をおこすことも珍しくありません。


【大腿骨頸部骨折の治療、予防】

大腿骨頸部骨折の予防としては、毎日、30分以上の歩行や体操をして、筋力と体の柔軟性を維持し、運動能力を低下させないようにし、転倒を未然に防ぐことが大切です。

治療はできるだけ早期に歩行できるようにすることが大切です。ひびだけの場合や他の病気で体の状態が悪く手術が不可能な場合を除いて、ほとんどの場合は手術による固定が必要です。

[PR]

by keisyan | 2011-12-04 19:03 | 痛み

拘りについて

最近の体調について記しておこう。

頚や腰はたまに痛くなるけれど、その痛みはほんの一瞬で、すぐに手放すことができる。

痛みの悪循環の渦の真っ只中では、なぜそんなに痛みに拘っているのかが解らなかった。

今のように良い循環になっているとき、今度は何で拘らなくなったのかを説明できない^_^;
(だから掲示板にもなかなかコメントできない)

単に痛みの種類というか強さの違いだけではなく 「こころ」 が向いている方向がちがうのかな?






今夜は職場は忘年会であります。。。行ってきまっす(^_^)/~
[PR]

by keisyan | 2010-12-20 18:23 | 痛み

局所麻酔剤5%配合

コマーシャルを見ていて「局所麻酔剤を5%配合」という言葉に反応。

ラナケインS って、痒み だけでなく 痛み にも効くかも^_^;
[PR]

by keisyan | 2010-07-22 19:17 | 痛み

痛み・こころ

読売新聞・医療ルネサンスで【痛み・こころ】が6回シリーズで掲載されました。


シリーズ痛み こころ(1)ストレスから歯痛に

検査をしても異常が見つからないため原因不明とされ、「心の持ちよう」「気のせい」と片づけられてしまうことが少なくない。ストレスで脳の回路に異常が起き、ささいな刺激を耐え難い痛みに感じたり、異常がないのに勝手に痛みを作り出したりするせいだと考えられている。



そうそう、脳の回路の異常なんです。


シリーズ痛み こころ(2)長引く原因 人間関係も

B子さんは過去に医師から、「ウソつくんじゃない」「甘やかされている」と心ない言葉を投げかけられ続け、強い医療不信にも陥っていた。「不信感があると、痛みを感じる脳の働きを強め、薬も効きにくくなる」と細井さんは説明する。



医師から嘘つき呼ばわりされるほど辛いことはないですよね。


シリーズ痛み こころ(3)体験語り合い 前向きに

人と距離を置く性格。家族にも、自分をさらけ出すことはなかった。だが、3年前、グループ治療に参加してから、徐々に口を開くようになり心境が変化した。
 「何がきっかけか、うまく説明できないけれど。自分が話すことで、『そういう考えもあるのか』と、誰かの力になればうれしいと思うようになった」と話す。



不安を訴え、思いを吐き出し、そしてそれを聞いてくれる人がいる。
掲示板はこれからも大切にしていきたいです。


シリーズ痛み こころ(4)うつ症状 体にも出る

うつ病は、脳内の神経伝達物質(セロトニンやノルアドレナリン)が少なくなり、発症すると考えられている。これらの物質が不足すると、痛みも感じやすくなるとされる。うつ病に伴う症状で、不眠と並んで多いのが、実は痛みだ。



抗うつ薬が痛みに効くというのは、いまや常識です。


シリーズ痛み こころ(5)医療への不信で増幅

慢性痛の症状は重く、治療を続けても目に見えて良くなっているわけではない。ただ、女性は「理解を示してくれる主治医が見つかった安心感からか、悪化し続けた痛みの進行は止まっている気がします」と話す。



信頼できる主治医は不可欠。


シリーズ痛み こころ(6)家族は適度な距離感を

――家族はどう接すれば良いのですか

過剰に世話を焼くのではなく、本人にできるだけ任せて、必要以上に痛みの話題を持ち出さない。できるだけ待つことが大切です。痛みとは関係ない前向きな話題ならば、大いに耳を傾けて下さい。訴えを無視したり、けなしたりする態度もよくありません。適度な距離感を保つよう意識して心がけてください。


慢性痛の治療には家族の理解と協力は大切ですが、距離感も重要なようです。
「痛みが長引いている女性の影に、優しい旦那さんあり」  って誰かが言ってたような・・・^_^;
[PR]

by keisyan | 2010-06-02 20:06 | 痛み

鷲足炎

一週間ほど前より右膝に違和感を感じ様子をみていたのですが、、、
屈曲、歩行、階段どころか、寝ていてもズキズキ痛むようになり(>_<)

今日治療に行ってきました。

鷲足炎(がそくえん)と言われました。。。腕でいうとテニス肘・・・まあMPSですね^_^;

縫工筋とか薄筋あたりの圧痛点に注射をして頂きずいぶん楽になりました(*^^)v

右足をベットにつけて介助する場面が多く、なれないので変に力を入れていたのが原因でしょうか(^^ゞ
[PR]

by keisyan | 2010-04-26 21:03 | 痛み

痛み私の物語

今月の読売の医療ルネサンスは 【痛み 私の物語】 と題して痛みの特集です。

第6話の今回はご存知夏樹静子さんです。

『原因不明の腰痛に悩む』

子宮内膜症、膝の痛み、腰の痛み、、、痛みというのは本当に辛いものですね。
[PR]

by keisyan | 2010-01-12 18:40 | 痛み

ひとりごと

「手術をして1週間で痛みが戻る人と30年間再発しないひとがいるのはなぜか?」

「風邪が治って1週間でまた喉が痛くなる人と30年間風邪とは無縁の人がいるのはなぜか?」


上の二つの文章は、私にとっては同意文です。
[PR]

by keisyan | 2009-11-11 13:03 | 痛み