カテゴリ:介護記録( 81 )

ねんねを見にいかんならん

今日と明日は、ばーちゃん守りをおおせつかってます。

さっきまで順調に寝ていたのですが、突然起きだして騒ぎ出しました\(@_@)/

「ねんね泣いとるから、はよ家に帰らないかん」

「どこから入ってきたかわからんようになった」

「ネコしかおらんがいね」

・・・・・そのうちに

「ねぼけていたんかなぇ」

「ボケてもたんかねぇ」

「不思議なこともあるもんやねぇ」


ダーリン 「あんたの方がよっぽど不思議やわ(ーー;)」 ・・・ 二人で爆笑(ToT)

ちょっと落ち着いてきてやっと横になってくれました^_^;

さ、借りてきたDVDでもみるか!?
[PR]

by keisyan | 2007-07-15 02:51 | 介護記録

義母

昨日夕方、義姉から突然電話があり ・・・ 自分の体調が悪いので、母(ダーリンの)をどこかに連れて行けと言うよう内容(ーー;)

町内の運動会がありぐったり疲れていたのですが、行かないわけにはいかず^_^;
義姉の話しをひたすら聞き、しばらく二階で休むようにいい、義母の様子をみながらゴルフで不在の義兄を待つ^_^;

要介護2耳がほとんど聞こえない義母。
週の半分以上はディケアを利用しているのですが、義姉も介護の疲れが溜まり、爆発したのでしょう。。。。そに気持ちはわかります。

とりあえず、家に連れて帰り一晩だけ面倒を見ることにしました。
私が一緒に寝たのですが、夜中に一人でお話がはじまりました。
内容は
「いつもありがとうございます。これもみなさんのおかげさまです。おとうさんもがんばっているので喜んでいます。子供達もがんばっています。わたしもがんばりますからよろしくおねがいします。」

母のことを思い出す ・・・ トイレも5、6回行ったかな?


朝方
「輪島のじいいちゃんと、松任のじいちゃんが二人いっぺんに亡くなったんやと。大変やわ。ちょっとおとうさんに電話してくれ」

「うんうん」 と返事さえしてやればすぐに落ち着く。

今朝、ダーリンが会社に行く前に送って行きました。。。。フゥ~。
平日は無理なので、今週の土日、もう一回おいでね。。。。。ばあちゃん。


介護記録、再開です。
[PR]

by keisyan | 2007-06-25 21:30 | 介護記録

納骨堂

今日は仕事を早退して、午後から妹と一緒にお寺へ・・・

分骨してあった母のお骨(喉仏)を金沢のお寺に納めました。

今日は 盂蘭盆 です。 

家のお寺さん?である金沢の寺でも、お参りと法話があり、それに合わせて納骨のお経も上げていただきました。

住職のお話では、この寺の納骨堂ができて50年、1300体ほどのお骨が納められているそうです。
そのお堂に入ることができるの住職だけなのですが、そこに入るととてもほのぼのした、暖かい気持ちになるそうです。

今までお世話になった檀家の人たち、住職のお父様もいらっしゃる。
その方々が一堂に会して、自分を見守ってくださるように感じるのだそうです。

母はお墓とお寺に行ってしまい、寂しい気持ちもありますがホッとした気持ちの方が大きいかも?!

ホッとしたところで。。。明日はダーリンと京都に行きます(^O^)/
[PR]

by keisyan | 2006-07-14 19:54 | 介護記録

49日

七週間、あっという間過ぎました。

納骨もすませました。
墓を開けるとまだキレイな父の骨壷が見えました。
母の骨壷を隣に並べて置きました。
b0053925_2031971.jpg


「お父さん、お母さんをよろしく!」


お客さまを送り出したら、なんだかドッ疲れがでた。
久々に腰の痛みが強くて、下半身もむくんでいるような感覚。。。
[PR]

by keisyan | 2006-07-01 20:31 | 介護記録

メモ魔

イッコちゃん、日記というより、ノートにいろいろなことをメモしています。
自分の体調、家族のこと、買ったもの、etc・・・
「ケイ、腰が痛そうで心配」 って記述が何回も出てくる・・・
医療や料理のことが書かれている新聞の切り抜きのファイルもでてきました。

彼女のメモ魔はケイしゃんに遺伝したのか^_^;

7月はじめの 49日の法要&骨納め まで、毎週一回お参り があるので、自宅待機でゆっくりするつもりでしたが・・・

退屈なのが耐えられないケイしゃんです^_^; ・・・ やな性格(ーー;)

以前の仕事は辞め、フルタイムの仕事を探すべく 派遣会社 に登録したのですが・・・

今日、面接が一つあります。。。。にょほ(@_@)


ひさびさにニョホニョホっとクリックお願いします(^^ゞ
[PR]

by keisyan | 2006-05-26 04:19 | 介護記録

母と娘

ケイしゃんの母であるイッコちゃん

認知症の症状が強くなってからは、わたしがイッコちゃんの母でした

そして今、イッコちゃんはまたケイしゃんの母です
[PR]

by keisyan | 2006-05-20 08:43 | 介護記録

我が母

『十億の人に十億の母あらんも我が母にまさる母ありなん』

                      暁烏敏(あけがらすはや)



母の部屋のタンスの整理をしていたら、古い日記や写真がたくさん出てきました。
妹と二人、ゆっくり片付けよう。
[PR]

by keisyan | 2006-05-19 06:55 | 介護記録

頑張ったね

b0053925_222517.jpg


イッコちゃんは10歳?の時に母を満州で亡くし、、、
結婚直後の21歳の時に、父、義母、妹、弟二人、全員がブラジル渡り、、、
一人日本に残され、なんと心細い思いだったでしょう。

でも、その後は周囲の人たちの愛をたくさん受けて幸せな生涯だったと思います。

特に、近くに住む叔母(父の妹)とは本当の姉妹のように仲が良く、何か困ったことがあるといつも相談に行っていました。
今回のことでもいろいろ気にかけてくれ、何度も病院に付き添ってくれました。

12日の夜も私と妹と叔母の三人で付き添いました。
母はこのときと同じ様に、一晩中話し続けました。
(正確にいうと、うなされていたのですが、声が枯れるほど大きな声でした)

「ブラジル~、お風呂~、お粥~、梅干~、リンゴ~」 

リンゴ、オレンジの果汁を飲み、レモンアイスもたくさん食べました。
ダーリン、妹の旦那、妹の嫁ぎ先の両親、叔母、孫達5人がかわるがわる訪れ13日の朝を向かえました。叔母には一旦帰ってもらうことにして、私と妹が残りました。

息が荒く、苦しそうでしたがイッコちゃんは頑張りました。

わたしと妹でたくさん 「ありがとう」 を言う時間が持てました。

妹はどうしても行かなければならないところがあり、夕方1時間ほど病院を抜けました。
私もベットにもたれて寝てしまいそうだったので、末っ子が一緒についてくれました。

夢心地で母の息遣いてを聞いましたが、なんだか息が小さくなったような気がして、、、
ちょうど妹が病室に帰って来たところでした。

荒い息がなくなり、とてもスヤスヤと眠っているように静かになりました。

13日(金)17時45分 誤嚥性肺炎

マチャが帰ってくるのを待っていたんだね。
そして、一番かわいがって、一番頼りにしていたリョウがいてくれてよかったね。
[PR]

by keisyan | 2006-05-17 22:25 | 介護記録

母の日

母の日を目前にした5月13日(土)

イッコちゃんが最後まで頑張って生き、静かに眠るように逝ってしまいました。

おかあさんありがとう。
[PR]

by keisyan | 2006-05-14 00:11 | 介護記録

カーネーション

b0053925_1834413.jpg

妹が買って来たカーネーション

今日から夜も二人で付き添います。
[PR]

by keisyan | 2006-05-12 18:34 | 介護記録