<   2009年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

福祉住環境②

午前中の授業は 【在宅看護の基礎知識】 

在宅での看護、に関する知識も必要という授業です。(なんと大雑把^_^;)
初めての先生だったのですが、少しお年を召したとてもお茶目な方でした。

そして午後は恐怖^_^;の 【福祉住環境②】であります。

【トイレ】
・一般的にトイレの出入り口のドアは、他のドアよち一回り小さいことがある。
・本人専用のトイレが寝室に隣接してあることが望ましい。
・通常で・・・間口750mm×奥行き1,200mm 芯-芯では 910mm×1,365mm 
 より望ましい形 奥行きを1,650mm 芯-芯では1,820mm
 さらに望ましい形 間口1,350mm 芯-芯では1,515mm
・便器側方及び前方に500mm以上の介護スペースを確保
・トイレのワンルーム化(対象者や同居家族の意向を確認
・手すり (直径28~32mm) 細い理由は握りやすいため
 樹脂被覆加工 木製手すり
・縦手すり アームサポート(肘あて)と同じ高さ 便器座面より220~250mm
・下地補強 間柱には取り付けられない
・なるべく引き戸に 開き戸の場合は外開きにする
・パネルヒーター → 輻射暖房 → 埋め込み式が基本

【整容・更衣】
・火傷の恐れ
・床が滑る 湿気による床の痛み
・温度差により心筋梗塞
・家族に緊急を伝える方法の確認
・間口・奥行き1,650mm 芯-芯1,820mm(一坪の広さ)
・床仕上げ
 水に強いシート系仕上げ材
 耐水合板
 足拭きマット、厚手はNG
・洗面カウンター
 椅子に座った状態で胸から上がすべて写る
 立位でも胸から上が写る
 床面より800mm~1,750mm
 鏡面は防露型
・その他 埋め込み型収納

【入浴】
・脱衣所と浴室との床面の段差が大きい 滑りやすい
・浴槽縁が高すぎる
・室温や湯温の調節
・全体設計 
 ユニットバス
 市販されているものは高齢化対応でも腰掛をおくスペースが十分でないこともある
・浴室面積 間口1,600mm×1,600mm 芯-芯1,820mm×1,820mm
        間口1,800mm×1,400mm 芯-芯2,020mm×1,620mm
・浴室の出入り口 段差5mm以下
 グレーチング(パンチングは使用しない)
 水勾配では出入り口方向を反対側の離れた方向に取る
・洗い場床の段差
すのこ
①小割りにする
②脚部のゴム(がたつきを防ぐ)
③すのこを敷いた状態で浴槽縁まで400mm程度
水栓の位置(高さ)を確認(洗面器が入るか)
すのこはメンテナンスがしにくい(乾燥やすのこ下の床面清掃は困難)
・床面のかさ上げ
 浴室床面のコンクリートを流し込む その上部にグレーチングを敷設(ユニットバスでは不可)
・シャワーカーテンの利用 汚れやすい
・手すり ステンレスではなく樹脂被覆加工 直径28~32mm
・設備機器
 浴槽寸法と浴槽縁の高さ(和洋折衷浴槽)
 高齢者・障害者用 1,100mm~1,300mm 長さ
              700mm~800mm 横
              500mm~550mm 深さ
 浴槽エプロン部分の厚みが厚いのでバランスを崩しやすい
・シャワーの位置 介護者が使いやすい位置にシャワーフックを 
            高さ調節機能つきシャワーヘッドかけもよい
            吐水、止水をシャワーヘッドで行えるもの

[PR]

by keisyan | 2009-12-28 21:07 | 介護の仕事

寄りそう心、支える社会

昨日、クラスメートから情報メールが届きました。

夕方から 「認知症フォーラム」 の放送があるというのです。

【寄りそう心、支える社会--地域連携で暮らしを支援--】

医療から

「アルツハイマーを治す薬はないが、進行を遅れせる薬があるので主治医と相談しながら早期に使っていくことは重要」

「中核症状だけでなく、周辺症状をコントロールすることがとても大切」


中核症状:
【もの忘れ(記憶の障害) 言語の障害である失語、行為の障害である失行、物事を段取りよく遂行できなくなる実行機能障害など】

周辺症状:
【幻覚、妄想、うつ、徘徊、攻撃的な態度、といった精神症状や行動異常など】

介護者から

「周辺行動には必ずなにか理由がある」


家族から

「一人で抱え込んでの介護は厳しい 周囲との連携が大切」


公的立場から

「法的な制度だけでは支えられない」



司会をされていたNHKのアナウンサーの感想が印象的でした。

「介護も雪つりのように・・・・」

金沢では、雪の重みで木の枝が折れないように施される 『雪つり』 が普通のお家でもあちこちに見ることができます。
b0053925_10413586.jpg


一本の縄では細くて弱くて、大きな木を支えることはできないけれど、細くてもたくさんの縄で少しずつ負担することで、雪の重みに耐えることができますね。

家族、医療、ヘルパー、地域、社会、、、、それぞれが協力し、お互いを理解することで、みんなが最後まで普通に生きていくことができるのでしょうね。

でも、理想と現実はまだまだかけ離れています。
[PR]

by keisyan | 2009-12-27 10:53 | 介護の仕事

介護技術(4)

18日目

【食事の介助と口腔ケア】

今日はペアで実習します。

実習のグループ分けは、ジャンケンで決めることが多いです。

本日の私のお相手は愛称《おとうさん》です。
私より一歳若い《おとうさん》です(^^ゞ

今日は、自分の持ってきたお弁当を、自分で食べてはいけません。
全てを相棒に委ねます。

食べたいおかず又はご飯を、食べたい順番で、食べたい量だけ、食べたい速さで食べる。
この↑自分のペースで食べる、ということができないのはとてもストレスになると感じました。
いろいろな条件(寝た状態でとか、目を閉じてとか、細かく砕いてとか)を試しながらでしたが、2時間以上かかって食べさせていただいた昼食。

相手が親しい仲間であっても、とても気疲れしました。
(とっても繊細なRちゃんは、途中でお腹が痛くなったほどです)

これからは利用者の方に食べていただくためのお世話をさせていただくのですが、、、
利用者の立場になった経験はやはりとても貴重ですね。
[PR]

by keisyan | 2009-12-25 17:12 | 介護の仕事

色をつける

・方言を使う
・トーンを変える
・感情を込める

↑って言葉に色をつけるということですよね。
その色に集中すると文章の意味が解らなくなる。
文章の意味に集中すると色が見えなくなる。

定型発達の人は、意識しなくても 『文章の意味を汲み取ること』 と 『付いている色』 の二つを同時に理解することができますが、発達障害の人はこの二つを同時にするのが苦手なのだと思います。

もう一つ 『思いに至らない』 というフレーズが頭に浮かんだのですが、ちょっと考えてみます。
[PR]

by keisyan | 2009-12-23 08:53 | 自閉症

声のトーン

自身がアスペルガーの方のブログを読んでいて、発見したことがあったので忘れないうちに書いておきまっす。

声のトーンに関してです。

この当事者の方は 「自分の声のトーンが相手にどんな印象を与えるかを想像するのが苦手」 なのだそうです。

このブログに書かれているエピソードを読んでいて、息子もそうなのではないかと思いました。

我が家のよくあるエピソード

テレビのクイズ番組の見ていて

母(私) 「あれ?これってひらがなで埋めるの?漢字で埋めるの?」

息子 「最後まで説明を聞けっていうんだよ!」 とか 「下に書いてあるだろ!」 
    と吐き捨てるように言う

気まずい空気が流れる ・・・

母(私) 「 ・・・ 」  (なにか気に障ること言ったかな?)

父(ダーリン) 「 ・・・ 」  (なにか思うところがあるのだろう!)



「気に障ることを言った」のでも「何か思うところがある」わけでもなく、単にキッパリと正しいこと(ちゃんと聞けということ)を私に伝えてかっただけなのでしょう。

意味のない文章(例えば「電気をつけます」)を 『楽しそうに』 『悲しそうに』 『怒っているように』 言ったとします。
前述のブログを書かれた方は 『楽しそうに』 と 『怒っているように』 の区別がつかなかったそうです。
ご自分の分析では、おそらく声のトーンが似ているからではないかということ。

息子のエピソードの場合も、楽しくてテンションが上がっている状態だったのかも(^^ゞ
だって、この【ネプリーグ】という番組、一緒にみるのが好きなんですもの(^_-)-☆
[PR]

by keisyan | 2009-12-19 19:47 | 自閉症

介護技術(3)

14日目


今日は【車椅子の基本的な使用法】を学びました。
あいにくの雪で外での実習はできなくて、教室内に段差を作り走行してみました。

外に出ると坂道や小さな段差がたくさんあり大変だと感じました。

そして

【目の不自由な方に対する介助法】

気をつけることは・・・・
:声をかける前に体に触れない
:手をねじったりひっぱたりしない
:白杖をむやみに預からない
:空間に一人にしない

NGワード
:「あちら」「こちら」 ・・・ どちらか解らない
:「少し」「ちょっと」 ・・・ 1mとか半歩とか具体的に
:「1、2歩」 ・・・ 1歩か2歩かハッキリする
:「目の前に」 

あと、階段があるときは上りか、下りかをハッキリ伝えること


「もう少し」 とか 「こちら」 とかつい言ってしまうのですよねぇ~^_^;

このNGワードは発達障害の方への声かけにも共通しています。
彼らも 「あいまい」 な言葉は苦手ですね。
[PR]

by keisyan | 2009-12-19 18:21 | 介護の仕事

家政婦さんとヘルパーの違い

13日目



【訪問介護サービス概論・訪問介護員の職業倫理】

ということでいろいろ学んだのですが(^^ゞ

私にとっての今日の目玉は ・・・

【ヘルパーの仕事】についてのこと!
「高齢者や障がい者ができないことをお手伝いする仕事」 ← これが私の認識でした。

でも今日の講座を受けて、以前の認識が間違っていることがハッキリ解りました。

【ヘルパーの業務内容】
:居宅で、自身がもっている能力に応じた自立生活を営むことができるように、ADLの身体自立への援助とIADL(手段的日常生活動作)の家庭経済生活の維持に必要な自立への支援。

【ホームヘルパーの役割】
:日々の生活に生きがいを見いだし、自分らしく生きられるように「介護」すること





そうなのです!
ただお手伝いをするのではないのです!
その方の残っている能力の見つけ、その能力の取り上げることなく、少しでも自分らしく、少しでも人間らしく生きることができるように援助するのです。

人生の大先輩として尊敬の念を忘れることなく・・・
[PR]

by keisyan | 2009-12-17 20:40 | 介護の仕事

介護技術(2)

12日目


今日は一日実技です。

とっても楽しかったけど、とっても疲れました(^^ゞ

まずは
【ベットメーキング】
褥瘡の原因にもなるのでシーツのシワはキレイにピッと伸ばすべし
角っこの始末は、三角法?と四角法?を学ぶ。

解らないところは互いに教えあい、間違っているところは遠慮なく指摘しあい、チームワークよく進みます。

皆さん積極的に何回も練習をして、上手になりました。

次はボディメカニクスを利用して体位の変換の練習です。

【ボディメカニクス】
・支持基底面積を広くする ・・・ 足位置を前後に広めにとる(綱引き時を思い浮かべて)
・重心の位置を低くする ・・・ 腰を落とす
・重心の移動をスムーズにする ・・・ 体全体を使って
・重心を近づける ・・・ 対象物に近づく
・てこの原理を使う
・利用者の体を小さくする ・・・ 利用者の膝を曲げるなど
・大きな筋群を使う ・・・ 大腿四頭筋など
・広い空間で効率よく 


【専門用語メモ】 
仰臥位 側臥位 長座位 端座位 ファーラー位 腹臥位 健側 患側


【体位変換】の実践
・仰臥位 から 側臥位 に ・・・ これは楽勝楽勝(^_^)v
・仰臥位 から 長座位 に ・・・ これも楽勝(^_^)/
・仰臥位 から 側臥位 そして 端座位 に ・・・ これはちょっと苦戦しました(~_~)
・褥瘡を防ぐためにクッションなどを使っての実践

ここまで、わがチームはなかなかスムーズだったのですが・・・

午後からの実践は

・仰臥位 のまま ベットの端に移動 ・・・ 苦戦^_^;
・仰臥位 のまま ベットの上に移動 ・・・ 大苦戦(-_-;)

利用者に添える手の位置と動かす角度が問題だったようです。

私たちの仲間には大柄な男性が二人いらっしゃいます。
(身長は177センチと182センチ、体重は7?キロと8?キロだそうです)

この二人に何回なんかいもモデルをお願いして練習しました。
女性人は小柄、細身の方が多いのですが、みんなガムバリました(^_-)-☆

最後に利用者がベットから動けない麻痺のある方という設定でのベットメーキングを学んで・・・
今日の講習終了~~~お疲れ様でした(^_^)/~
[PR]

by keisyan | 2009-12-16 18:53 | 介護の仕事

福祉的なコミュニケーションで大切なこと

10日目


初めての実践の授業です。

グループに分かれての課題に取り組みます。
ノーマライゼーションホスピタリティという考え方が主題です。

課題に対して短時間で自分の考えをまとめ、それをみんなの前で発表して、他の人の意見を聞き、グループとして一つのものにまとめます。これを短時間でやらなければなりません。

どの課題にも時間が足りなくて、6時間があっという間にすぎました。

最後のロールプレイングゲームが印象的だったので紹介します。

状況
ヘルパーは家事援助(主に夕食作り)のためにAさん宅に訪問しました。
冷蔵庫の中を確認した所、白菜の漬物が腐って異臭を放ち、カビも生えていました。
ヘルパーはAさんにそれを伝え、漬物を廃棄しようとしましたが、Aさんはそれは腐っていない、今までもそれを食べてきたけれど何ともない、と譲りません。
また捨てるならすぐに新しい漬物をあなたのお金で買ってきてほしい、と言われました。
そこに嫁いでいる娘が帰ってきました。娘はAさんをしかり、ヘルパーに謝り、これから腐ったものがあったらあなたの判断でよいからどんどん捨ててください、と言いました。

設定
[Aさん]82歳 女性。足腰が弱く、一人で外出するのが困難だが身の回りのことは何とかできる。
     夫に先立たれ、10年間一人暮らしをしている。自宅は農家でずっと働いてきた。
     現在は年金のみで生活している。

[娘]52歳 車で2時間位の所にすんでおり、一週間から10日に一度、食材を買って実家に戻っている。
   自宅には介護が必要な姑がいる。

[ヘルパー]週に3回家事援助でAさん宅に通っている。


ヘルパーとしてこのようなときどのように判断しますか?
どのようにAさん、娘さんに対処しますか?


この課題を配役を決めて、セリフをつけて演じなければなりません(~_~)










ヘルパーは利用者がその人らしく生活できるようにお手伝いをさせていただくことが仕事です。
Aさんが主張することをそのまま受け入れれば、腐敗したものでAさんの健康に支障をきたす。
かといって、廃棄を拒むAさんを無視して廃棄はできない。
うーーーん、困った(-_-;)

私たちは解決策として、娘さんが訪問される時間帯に伺って、Aさん、娘さん、ヘルパーの3者で冷蔵庫チェックをすることを提案することにしました。

私の役は82歳のAさんです(^^ゞ


寸劇の後の講師の助言。

*3者での冷蔵庫チェックは良い案だと思うが、娘さんは満足しても、ご本人のAさんにとっては「娘とヘルパーが結託してあれもこれも捨てる」という印象を持つかもしれない。そうなれば信頼関係が壊れる可能性もある。

*訪問した娘さんに「ご自宅でも大変なのに、遠方からお疲れ様です」などの声かけがあってもよかった。

*Aさんに対して「私はAさんの体のことがとても心配なのです」ということを伝えることで、かたくなな心が少しほぐれたかもしれない。


今回の課題のような場面はよく出くわすと思われます。

人とのかかわりって深~~いですね。
[PR]

by keisyan | 2009-12-14 21:36 | 介護の仕事

障害話し合える社会へ

12月に入って、読売新聞で 『発達障害』 の特集が8回にわたって連載されました。

最近、テレビや新聞で取り上げられることが多くなりました。

私も折につけ周囲の方にお話しているのですが、やはり 「発達障害」 といっても 「???」 という反応(~_~)

MPSも発達障害もまだまだ啓蒙が必要ですね ・・・ ガンバ(^_^)/
[PR]

by keisyan | 2009-12-12 11:56 | 自閉症